【限定5セット】 ランブルスコ 旧ラベル復刻ボトル 2本セット

マラネロのカステロベートロ村にある小さな農園「カ’ベルティ」のランブルスコはフェラーリ創設者 エンツォ・フェラーリが好んだランブルスコそのものです。現在の当主が当時、1956年に亡くなったエンツォ氏の息子アルフレード(愛称ディーノ)と近い年齢だったこともあってか、エンツォ氏は夕方になると農園に足を運び、納屋の前にあった椅子に座りながら農園で働く人々を眺めていたそうです。

そもそもなぜ、エンツォ氏はカベルティのランブルスコが好きだったのかというと、それはカステレベートロ村にあるレストランがきっかけでした。氏はそのレストランを大変気に入っており、頻繁に食事を取りに訪れていました。そして、そこで出されるランブルスコが、「カ’ベルティ」農園のランブルスコ・グラスパロッサだったのです。天才が天才であることを忘れ、ワインと共に人として呼吸した瞬間を楽しむ姿が想像できます。

エンツォ氏はこのお気に入りのランブルスコを、クリスマスには往年のドライバーやカロッツェリアにプレゼントとして配るほどカベルティのランブルスコを大変気に入っていました。また、カステレベートロ村からひと丘越えるとフィオラノ・サーキットあるということも氏を惹きつけた理由かもしれません。フェラーリのテストコースであるフィオラノ・サーキットでテストをするF1マシンの音が農園まで聞こえてくるのです。

そして、今回クリスマスに向けて限定5セット(1セット 2本)でエンツォ・フェラーリが愛していた時代のラベルを復刻したボトルを販売。クリスマスの食卓にもぴったりですが、車好きの方へのギフトにもおすすめです。

※数に限りがあるため、おひとり様1セットまでとさせていただきます。
下記アイテムとの併せ購入は可能です。
【グルメセット】 10年熟成 バルサミコ酢セット
【赤赤セット】ランブルスコ復刻ラベル&ワインビネガー「ロゼ」セット
【紅白セット】ランブルスコ復刻ラベル&白ワインビネガー「地中海」セット
販売価格 5,940円(税540円)
SOLD OUT

Top